USER SUPPORT INFORMATION



博多織ゆかた帯(絹100%)



博多織は今から約700年前 満田弥三右衛門が宋(現在の中国)に渡り 織物の技法を修め 帰国して広東織 子織等の名称で織り出したのが始まりとされています。
その後江戸時代には黒田藩の厚い保護の下で発達し 明治以降も伝統を受け継ぎ現在に至っています。

◆品質 :絹100%
◆幅  :4.3寸(約16cm) 
◆長さ :1丈(約3m80cm) 

                       博多織のゆかた帯は

■結びやすくほどけにいため ゆかた姿でいることが楽しくなります。
■美しいきもの姿を保ちます。
■飽きが来ないので長く使えます。
■合繊の帯を締めた時のように帯の下が蒸れることがありません。
■ゆかた姿がグッと引き立ちます。 
■ゆかた自体も ポリエステルのゆかた帯を締めた時に比べて良いものに見えます。
 




白いスクリイーンに透かすとこんな感じです 清涼感が伝わってきますね。


本物の 森博多織株式会社謹製 yukao93614-054 細縞が美しく描かれ太い縞には沖縄ミンサーに見られる五つと四つの■の柄が描かれたおしゃれなゆかた帯ですね 婦人ゆかた帯紫地に太縞-帯

お問合せ
WEBで
こんな使い方は出来るの?精度の意味がわからない。
などお問合せの多い内容をQ&A方式でご紹介しています。